イベントを読み込み中
EVENT開催イベント

7月25日 15:00 - 18:00Tokyo Salesforce Developer Group Lightning App Dev Champions Workshop 02

無料

概要

「そろそろ自社のSalesforce組織をLightningに切り替えたい。でもClasssicで構築・開発された機能が多すぎて移行の仕方が分からない…」

そんな悩めるシステム管理者・アプリケーション開発者の方に、Lightning Platform上でのアプリケーション構築に関して豊富な知見を保有する「Ligthing App Dev Champion」が講師を務める Lightningワークショップ をご提供することになりました。

今回は、ClassicからLighning Experienceへ移行するにあたり、設定の移行ツールやVisualforceページの移行Tips等、ハンズオン形式でご紹介します。

Lightningにおけるアプリケーション開発の基礎や、Classicで開発された機能の移行にお悩みのシステム管理者・アプリケーション開発者の方はぜひご参加ください!

対象

ClassicからLightning Experienceに移行しようとしている組織の、Salesforceシステム管理者およびアプリケーション開発者
(習熟度レベル: 初級)

申し込み方法

以下リンク先の青色の「RSVP」ボタンから申し込みください。

https://bit.ly/JP_LC_APP_WS02

アジェンダ

今回は第2回目となるワークショップですが、基本的な内容を広く周知することを目的として、全体的なコンテンツの構成は第1回目のApp Devワークショップと同内容となります。あらかじめご了承ください。

  • 自己紹介とワークショップの紹介
  • 改めてLightning Experienceがなぜ重要か (アプリケーション開発の観点から)
  • Configuration Converterを使用したJavaScriptボタンの移行
  • 簡単なJavaScriptボタンの移行ハンズオン
  • 高度なJavaScriptボタンの移行例
  • VisualforceのLightning移行Tips・ハンズオン
  • クロージング・Q&A

当日お持ちいただくもの

  • Salesforceにログインすることのできるパソコン(Wifiは会場のものを使用できますが、パソコンのネットワーク設定に制限がある場合は、ご自身のWifiルータなどをお持ちください)
  • 自由にカスタマイズが可能なSandbox組織、またはDeveloper Editionなどの開発環境
    • ※ハンズオンで自社組織をご利用の場合、外部のネットワークからアクセスできないことがございますので、事前にSalesforce環境に外部ネットワークからアクセスできることをご確認ください。
  • モバイルルータ (お持ちの方は)
    • 会場には固定Wifiがありません。モバイルルータをいくつか用意しますが、ご自身のものをお持ちの方は持参いただけると大変助かります。

詳細

日付:
7月25日
時間:
15:00 - 18:00
参加費:
無料
イベントカテゴリー:
Web サイト:
https://bit.ly/JP_LC_APP_WS02

会場

株式会社ユー・エス・イー  東京本社
恵比寿4-22-10
渋谷区, 東京都 Japan
+ Google マップ
Web サイト:
https://www.use-ebisu.co.jp/corporate/office.html

グループ紹介

Tokyo Salesforce Developer Group

Tokyo Salesforce Developer Group
  • web
  • chatter
  • facebook
  • twitter

Salesforce Platformの Developer(in Japan)が集まって、会社の枠を超えて繋がっていくコミュニティです。
こんなところを目指して、日々精進して参ります。
1) 所属している「会社」という枠は超えて、「1人の開発者」として(ニュートラルな立場で)他の開発者と繋がるネットワークを広げる場になる
2) “Salesforce Platform”というキーワードをメインとしつつ、それに囚われずに技術的にとんがった事とか、面白そうな事を追っかけつつ、コミュニティ内で共有する
3) 各自のお仕事にも活かせるようにしたい(そのうち)
4) 基本的に自由に発言/発表できたりと、良いことも悪いことも(セールスフォース・ドットコムの中の人間にも)気兼ねなく言えるようにしたい